Syumi

快適なウォーキングでダイエットを始めてみませんか?

ウォーキングは体のダイエットだけでなく

心のダイエットもできて、いいことずくめですよ。

自分磨きにどうですか?

人間の基本であるウォーキングを主体とした健康法ですから

老若男女を問わず誰にでも手軽に始められます。

健康的で規則正しい生活を過ごし、日頃車の移動だけでは気づかないことも、

ゆっくりウォーキングをすることで新たな発見をしたり、

自然の香りを嗅ぐことができたり、身近に季節や地球を感じて

リフレッシュできるという意味では心のダイエットが期待できます。
ダイエットの基本的な考え方を見ていただけると

より一層ダイエットも効果的にできるのではないかと思っています。
【ウォーキングとは】

体内に酸素を取り入れながら運動する有酸素運動ですから、

最近気になり始めた体脂肪の燃焼から、 若さや健康を保つ美容効果、

はたまた最近若年化している骨粗鬆症に対抗するための骨の強化まで

様々ないい効果が期待できます。
外見もですが、体の中身も若くいたいですしね。

私も、外見は別にして、中身はきっと若返ってる・・・

と思ってま~す。

【ダイエットのための正しいウォーキング】

背筋を伸ばして歩幅を普段より広げ、腕を大きく振り早足で歩きます。

脂肪はウォーキングを始めて20分しないと燃焼し始めないと言われるので

最低でも30分程度は続けて歩くといいです。

あくまでも無理のないペースで歩いてください。
とかく、やり始めは気合いが入って無理をしがちですが

あまり無理すると、筋肉痛になったり脚を痛めたりで

3日坊主となり、長く続きませんからね。

簡単なようで難しいのが、「継続は力なり」

はやる気持ちを抑えて、気軽に考え1週間に2~3回から始めてみては?

【歩幅の目安】

普段歩く歩幅よりは若干広くとるように意識してください。

数字的には「身長」から100を引いた数字。
例えば170cmの人であれば 170-100=70(cm)が適正だと考えられます。

私の場合は目安に横断歩道の白線を利用したり、

路肩にある溝蓋(長さ60cmのものが多い)や点字ブロック(1辺=30cm)を

利用したりしてます。

【速度の目安】

普段歩いているときよりは意識して早足で歩いてください。

「ハッハッ」と少し息がはずむ程度が最も効果的ですから

リズミカルにウォーキングしてください。

今、流行の携帯音楽プレイヤー等を携行すると軽快に

そしてリズミカルにウォーキング出来ると思いますよ。
腕を大きく振り、腰を捻るようにすると歩幅も広げやすくなります。

ウォーキングが習慣化すればじっくりと脂肪を燃やし、

痩せやすい体質に変わってきますからね。
しかし、誰にでもやってくるのが「停滞期」

この「停滞期」という時期がくせ者で、多数の方がこの時期に

ダイエットとして実行しているウォーキングを挫折してしまいます。

かく言う私もその一人でした。

【停滞期に注意したいこと】

停滞期は、からだが一定の脂肪量を維持しようとするために起こる一般的な現象です。

停滞期は食事や運動に気をつけていても体重が減らず、

成果を感じにくいためダイエットの途中で挫折してしまう人が多い時期です。
しかし、体重が減らないと焦ったり、がっかりして大食いしたりすることなく、

今まで通りのダイエットを続けてください。「継続は力なり」です!
停滞期を克服する対策としては、一緒に歩く仲間作りをしたり

最近では万歩計で計測したデータをパソコンに取り込める

機能もあったりしますから、一日の歩数や体脂肪をグラフ等で管理して

成果をビジュアル的な方法で見られるようにすれば

日々の励みになるかもしれませんね。
ちなみに私も “歩数” “消費カロリー” “減量体重”

が計測できる万歩計を2002年から使用してますので、

エクセルで表を自作して自分なりに管理して日々の励みにしています。

当然データは毎日手打ちしています。(^^ゞ

はずかしいですが これが、そのエクセルで作った最近の表とグラフです

減ってませんね~(´▽`;)ゞ

てか、増えてるじゃん _| ̄|○
【停滞期を上手に乗り越えるには】

・低エネルギーで栄養バランスの良い食事を摂る。

・食事の量は必要以上に減らさず、運動の量を少し増やす。

正しい食事と運動で、じっくり取り組んでいきましょう!

と、自分にも言い聞かせてる (^^ゞ
当サイトが訪れてくれたみなさんのために役立ちますように。。。一緒にがんばりましょう!

( ̄0 ̄)/ オォー!!

Damenzu

だめんずにひっかからないためには?

本やテレビで話題となった
倉田真由美さんの「だめんずうぉ~か~」。
その「だめんずうぉ~か~」とは・・・
浮気をしたり、働かずお金をせびったり、大嘘をついたり
いわゆる「ダメな男」ばかりを選んで
付き合ってしまう女性のことです。
う~ん、自分もそうなのかなって
思い当たる節は多々あります(^^;

やっぱり、イケメンはカッコイイし
一緒にいてくれるだけでも幸せ感じちゃいます。
それから、大きな夢を持っている人は魅力的だなって。
だから、何か自分で出来ることがあったら
なんでもしてあげたい・・
> そうやって、甘やかすからダメなんだろう?
なんてすぐに突っ込みがありそうですね・・・
実はその通りな訳でして・・・反省。

ところで
「どうして、だめんずに引っかかってしまうの?」
って、特にだめんずに遭遇したことがない方は
思われると思います。
どちらかというと警戒心が強い(?)
当の私自身もまさか
だめんずに惹かれてしまうなんて・・・
と思いもよりませんでした。

だめんずに心を揺るがせてしまう理由。
それは、人それぞれ違うのかも知れませんが
大きな一つの原因は
「自分のいる環境」や
それに伴う「自分自身の性格」
ではないのかな
と思っています。

そこでどれだけ自分が
だめんずうぉ~か~
になる可能性があるのか
気になる方は是非
チェックしてみてください。

1.寂しがり屋である。
2.お金持ちではないが、貧乏という訳ではない。
3.一人暮らしをしている。
4.真面目な方である。
5.人の気持ちに敏感である。
(人の気持ちが分かると思っている)
6.正義感が強い方である。
7.プライドが高い方である。
8.人からは「良い人」または「お人好し」と言われる。
9.どちらかといえば、ルックスが良い男性が好き。
10.どちらかといえば、年下が好き。

さて、いかがでしたでしょうか?
この10項目がどうして?
なんて思われる方もいらっしゃると思います。
でも、この普通と思われる考え方や環境が
ある男性に出会うと、どういう訳か
より強く、ヒートアップ!してしまうのです。

これは一つの極端な例ですが
自分の大好きな俳優さんに間近で会えたとき
どんな気持ちになりますか?
そしてそんな人に
「君が好きだ。僕は一途だから、君だけを愛する」
なんて言われたら
「まさか!?有り得ない」と思いながら
「信じたい」と思いたくなりませんか?

「それは妄想の世界だから有り得ない!」
と思った人は、大丈夫かも知れません。

でも、ちょっとでも、もしかしてそうだったら?と
心躍らせてしまった方は・・・
だめんずうぉ~か~になる可能性を
秘めているかも知れません。

☆ 早目にだめんずに気付きましょう! ☆

彼から「別れてくれ」と言われたとき
こんなに頑張って付き合ったのに・・・
後には引けない!
なんて思ったことはありませんか?

そう思われた方は、きっと
彼にとても良く尽くしてきた方だと思うんです。

ですが・・・

あなたはひょっとして
「もっと私が彼を愛せばいいんだ」
なんて思ってしまいませんでしたか?

そんな時に考えてみて頂きたいのは
彼はどうして「別れてくれ」と言ったのか。
そして、そんな状態でヨリを戻したとしても
彼はあなたを愛してくれるでしょうか?
ということです。

確実に自分に非があるのなら別として
もし、その彼がだめんずだったとしたら
こちらが落ち着きをなくせばなくすほど
必ず痛い目にあいます。

もしだめんずなら
残念ながら
自分の気持ちに素早く区切りをつける以外
自分が傷つかない最善の方法はないんです。。

彼と別れた後に
「まだ彼氏がみつからないの?」とか
「一人じゃ寂しくない?」なんて言われたら・・・
なんて、気にしない、気にしない!
自分が惨めになるより
よ~っぽど良いんです。
もっと自分を信じてあげてください。

☆ だめんずはこんな人 ☆

○浮気性
「男性は浮気するのが甲斐性だから」って
安易に泳がせてはいけません。
本気で付き合っているなら
そのようなことはNGですよ。。。
振り回されますよ~
女の感を信じてください!!

○ケチな人
初めてのデートで割り勘!?
年下の人ならともかく
年上の方で割り勘は考え物です。
きっと人に甘えるのが平気な人です。

○一人では抱えきれない大きな夢がある人
「俺には大きな会社を作る夢がある。
もちろん君にも手伝ってもらうよ。」
って、それでは自己中心的ですね。
その彼、自立してないんですね。
どんな夢があろうと
自分の夢を最初から恋人に
頼ろうというのは変です。
恋人は社員ではありません。

○昔の彼女に暴力を振るったことがある。
いわゆるDV(ドメスティックバイオレンス)ですね。
女性に手を上げる人は問題外です。
再び暴力を振るう可能性は大です。

○言葉が乱暴
これもDVですね。
他人に向けられていると思ったら
いつの間にか自分に向けられるようになります。
例えば、コンプレックスに付け込んだり
「死ね」とか「お前は価値が無い」
などと言ったりします。

○マザコン
母親と一緒にデート・・・
そんなおかしな話はありません。
結婚したら、あなたの言うことは聞かなくなります。

これが全て悪い人ではないよ~
という人がひょっとしているかも知れません。
確かにこれはあくまで目安です。
好きになるタイプは人それぞれです。

でも、もし共感された方は
やはりそういうタイプの男性には
納得できないということですから
区切りをつける参考になさって
頂ければと思います。

☆ 「だめんずうぉ~か~」な方へ ☆

気をつけていたのに
だめんずにはまってしまったあなた。
「恋愛」は特別。
だけど
「この人はこんなに悪い部分もあるけど許してあげるんだ。」
「許してあげることが「愛」なんだ。」
「お金がないなら、私が出してあげる」
「大変なら、私が助けてあげる」
「辛いなら、私が聞いてあげる」
「愛が欲しいなら、愛してあげる」

・・・だけど彼には何もしてもらえない。
自分を見てもらえない。
愛されている実感がない。

残念ながら、このような恋愛は
悲恋と呼ぶしかありません。。。
悲しいですが、こちらの一方的な
思い込みに過ぎないんです。

「愛」は与えるばかりでは
自分を苦しめるだけです。
本来「恋愛」はもっと楽しくて前向きなはずなんです。
そして、お互いを成長させるべきものなのです。
それが、ただ彼を助けているだけなら
あなたの役割は、恋人というより
母親になってしまっているのです。

本当は、あなたは甘え下手だと分かっていても
人一倍、恋人に甘えたいと
思っているのではないですか?

また、甘えさせてくれるような男性は
なかなかいないし
自分は頼られるほうが良いと
思い込んでいませんか?

確かにそうかも知れませんし
でも意外とそうじゃないかも知れません。

とりあえず、すぐに「彼氏」
という目で探すのではなく
もう一度自分の周りにいる身近な人を
観察して見る心のゆとりも
必要かも知れません。

今まで意識していなかったけど
意外と身近に良い人が
いるかも知れませんよ(^^)

地味で真面目で面白くない
と思っていた彼と付き合ってみたら・・・・

・仕事は真面目で信頼されている。
・目立たなくても人の和に打ち解けている。
・ルックスばかり気にするのではなく
二人で楽しむことを重視している。
・金銭感覚が普通。
・浮気はしない。
・堅実に仕事をこなしている。
・優しい。
・常識的で頼りになり安心。
かも知れません。

こちらの方が断然
結婚して安心できる人ではないでしょうか?

女性はやはり男性に守って欲しい
と思う気持ちはあります。

男性らしさ、強さを求めるなら
「強がっている」人より
本当に「心強い」人を選んだ方が良いです。
安心感が全然違いますから。。。

それでも
「今までダメな人ばかりと付き合ってきたから
やっぱり同じような人を選んでしまうのでは・・・」
と不安に感じてしまうと思いますが
それで構わないと思います。

たとえ「だめんず」を選んだとしても
選ばなかったとしても
「不安」はどうしても付きまとうものですから
それは当たり前のことだと思うからです。

世の中には、良い人もいますが
悪い人も大勢いるのも事実ですし
あなたは、今までたまたまそういう人と
出会い続けてしまっただけなんです。

だけどそれは、過去の話です。
今のあなたに、何も関係ありませんよ(^^)

今あなたは、だめんずを知り
次回はそれを回避しようと考えることができる
過去とは違う自分がいる筈です。
それだけでも、かなりの成長
なのではないでしょうか?

付き合わない方が良い
という人は分かったけれど
次はどうすればいいの?

そうですね
それなら今度は「良い人」はどんな人なのか?
を考えてみると良いかも知れません。

「良い人」と巡り会うために重要なこと
「付き合ったら自分が傷つくような人を選ばない」
ということを
考えられるようになったのですから
きっとこれから「良い人」についても
考えられるようになると思います。

でも「良い人」って
漠然としたイメージはないですか?

だけど「良い人」について考えようとした時
少し「ワクワク」するような気持ちになりませんか?

そうです。
そんな調子で色々自分の理想の人を
考えていっていいのだと思います。

「良い人」の定義は
人それぞれだと思うのです。

一緒に趣味を楽しめる人
家事を手伝ってくれる人
とか何でも良いんです。

自分はどんな人が良いか考えておいた方が
人と出会ったとき気持ちが
フラフラすることはないと思います。

ただ、自分に出来ないことを全て相手に押し付けたり
求め過ぎてはいけませんが・・・。

また「良い人」の場合
出会ってからの方が
「この人ってこんなステキなところがあるんだ」
なんて気付くことは多いはずです。

更にここで「良い人」を
ススメたい理由ですが

なんと言っても「良い人」には
「愛」があります。

それはあたたかい「愛」です。

でもそれは本来恋愛をしているなら
当たり前に感じるべきことなんです。

「恋愛」はあなたを悲しませるような
ものではありません。
一人だけが辛い想いをするものでも
決してありません。

二人でいることが楽しいのが恋愛です。
そしてお互いを大切にできることが恋愛です。

「恋愛」の後には「結婚」もあります。
辛い恋愛なら自分だけが我慢すれば
通ってしまうこともあるかも知れません。

でも、「未来の家族」を考えれば
きっと、恋愛の大切さを考えられると思うのです。

もしそれでも「恋愛」について
漠然としか考えられず不安という場合は
男性と付き合うことになったとき
信頼のできる友達に相談して
みると良いかも知れません。

あなたが「ダメ」と思える人を
選んでしまっていたら
「やめた方がいいよ」
とハッキリ言ってくれる友達を
信じてみるのもいいのではないでしょうか?

意外と客観的な意見の方が
正しい場合があるものです。
騙されたと思って
気持ちをギュッと抑え
その友達に素直に頷いてみてください。
別れた後きっと
「良かった」と思えると思います。

何故あなたが「良かった」と思うか
と言いますと
あなたは「彼は自分には合わない」と
その時既に気付いていたはずだからです。

誰でも「出会い」は止められません。
「だめんずうぉ~か~」に
なるかならないかは
出会った後「気付く」のが早いか遅いか
で決まるのだと思います。

今まで、こんな風に悩んできたあなたは
人を思いやれる魅力的な女性なのですから
だめんずなんかにひっかかってたら
もったいないですよ!

もっと自信を持って
「良い人」を見つけてください。
きっとあなたなら
見つけられるはずです(^^)